見出し画像

THE GUILD勉強会 #04 「攻めるメディア!」を開催しました

2019年2月28日(木)、THE GUILD勉強会「THE STUDY by THE GUILD」を開催いたしました。

第4回となる今回のテーマは「攻めるメディア!」。WEBやテレビ、映像など、メディアに関するお仕事をされている方を中心にたくさんの方にご来場いただきました。

第一部では、ニュースメディアの第一線でご活躍されている、TBSテレビ 池田 誠さん、AbemaTV / Abema Newsの郭 晃彰さん、日本経済新聞社の武市 大志さんにご登壇いただきました。

TBSテレビ 池田 誠さんからは「TBS NEWS見たことありますか?」のテーマで、池田さんがここ数年で取り組まれてきたデジタル改革の推進についてお話いただきました。最近話題になった「いらすとキャスター」など、ネット動画ニュースならではの番組づくりにまつわる貴重なお話しも。

AbemaTVでニュース番組「Abema Prime」の責任者を務める郭さんのテーマは「Abemaっぽいニュースの作り方」。

人気グループの活動休止の記者会見実況の裏話からはじまり、「話題を逆算して企画を考える」「徹底したライブ主義を貫く災害報道」「マスではないけれど誰かが熱狂する話」「ほかと違う目線からのニュース解説」「ちょっとしたタブー感に触れる」という5つのポイントから、AbemaTVらしいニュースの作り方についてお話いただきました。

日本経済新聞社 日経電子版のプロダクトマネージャー 武市さんのテーマは「日経電子版 プロダクトアウトからの脱却」。

毎日約900本の記事を公開しているという世界最大の経済メディアである日経新聞社。デジタル化以前は可視化出来なかった記事の読まれ方をデータ化し、日々編集局へレポートするなど地道な活動を継続していく中から、デジタルの部署と編集局との関係性を築いていかれたそう。その後、どのようにデータを記事づくりやアプリのUI設計に生かしているのかといった、具体的な事例には参加者から頷きの声が数多く聞かれました。

第二部では、THE GUILD 代表の深津とこばかなをモデレーターにフリーディスカッションを展開。

第一部でも話に挙がったデジタルシフトの推進といった「新しい取り組みをスタートする際に、どうすれば攻めの姿勢を貫けるのか」という深津の問題定義からはじまり、災害やフェイクニュースに対する対応、動画のアスペクト比、KPIの設定といった踏み込んだお話しまで、Twitterや会場で頂いたご質問に答えていく形で盛り上がりました。会場にいらっしゃっていたテレビ関係者の方に急遽、お話しいただく場面も。

お越し頂いたご参加者の皆さま、ご登壇いただいた皆さま、ありがとうございました。

※当日、ライブ配信にトラブルがございましたことをお詫び申し上げます。

スライド資料

日本経済新聞社 武市さん


レポート

当日note枠でご来場頂いた方のレポートです。(※随時更新させていただきます)


また、Twitterハッシュタグ #theguild_study からも勉強会の模様をご覧いただけます。


THE STUDY by THE GUILDとは

THE STUDY by THE GUILDは、THE GUILDの目を通し、業界全体の意識を底上げするための高度なナレッジを共有できる場としてスタートいたしました。

#01:ユーザーインタビュー設計(2018年4月21日開催)
#02:Design in Tech Report 2018 を読み解く(2018年6月21日開催)
#03:データ×UXデザイン(2018年8月23日開催)
#04:攻めるメディア!(2019年2月28日開催)

次回開催日程は決定し次第、THE GUILDのTwitter(@theguild_jp)で告知させていただきます。お楽しみに。

協賛:合同会社DMM.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

コメント1件

内容はもちろん興味深かったんですが、この、イベントの写真のバックが森みたいなのって、すごくインパクトありますね!森の中(Amazon Spheresとか?)のような場所で話を聞くのっていいかもしれないと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。